家庭崩壊の危機を救ったパキシルと思い出の抗うつ剤

ジェイゾロフトの効果

ジェイゾロフトは、うつ病などを発症した際の処方される抗うつ剤の一種です。

比較的作用は弱いと言われ、症状がそこまで酷くない場合や仕事を続けながら治療を希望する人に出される場合が多く、副作用も少ないので、一般外来でも抗不安剤として処方されることあります。

ジェイゾロフトの成分はセルトラリンと呼ばれるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる分類に位置します。

うつ病は、脳内の分泌物が足りず、正しく機能していない為に起こっている病気です。
私たちの心の基準は、医学的見地に基づく脳内で決められています。
その為、脳の中の感情を司る部分の何かが正常に動かなければ、それを補おうと脳内で様々なことが生じています。
そうなると正常に動いていたものも、そう簡単には動かなくなるのは予想できるでしょう。

特に強い不安感などを抱きがちな鬱の場合、この点を改善することが先決です。
その為、この薬を使うことで、脳内物質のセロトニンを増やし、不安や憂鬱な気分を鎮静していくという効果で症状を緩和します。

セロトニンは三大神経伝達物質の一つで、人間の精神面に大きく働きかけています。
人の心の安定などは、このセロトニンの作用が働いており、不足すれば気が立つなどの攻撃的な言動をしがちになります。
先に記載したような、不安や焦燥、憂鬱な気分が生じます。

この不足した部分を薬を使って誘発することが、若干不安に思う方も多いでしょう。
しかし、欠落した機能を補てんすると考えれば、まったくもって怖いことではないでしょう。
むしろ有効な効果をもたらす薬といえます。

ただ一つ気を付けたい点は、抗うつ剤にありがちな離脱症状はこの薬にもある点です。
離脱症状とは、急に薬を服用止めることで、血中に今まで一定の濃度があった成分が減少し、そのことから体内でちょっとした異変が起こることを言います。

耳鳴りがしたり、頭が痛くなったり…症状は人によって様々です。

その為、処方された後は、自己判断で勝手に服用を止めたりせず、分量を減らすなりなどして体を慣れさせつつ減らす方法が取られます。
こういった判断は、かかりつけのお医者さんとよく相談するのがベターです。